初めての方はこちらからどうぞ>>>

世帯年収700万円で組める住宅ローンはいくら?我が家の借り入れ額公開

住宅ローンについてこのブログで今までたくさん取り上げてきました。

ですが我が家の借りた実際の金額は理由もなくずっとふせていました…

Nao

正直、借り入れしすぎたと反省していたんです…家は身の丈にあった物件を選ぶべきですよね。本当に…

実は借り入れ当初、返済比率が危機的状況だった我が家。

借り入れた実際の額を初公開します。

我が家の住宅ローン事情

我が家が実際に借りた額

Nao

ずばり4800万円です!!

当時の世帯年収は夫婦共働きで700万円…4800万円はどう考えても借りすぎです。

家探しを始めた当初は物件価格諸費用込み4500万円で考えていました。500万円頭金で支払って、残りの4000万円を夫婦共働きで35年ローンで返済するプランです。

旦那

当初の予算は土地2000万円、建物2000万円、諸費用500万円で考えていました

が、そこそこ利便性が良く人気の学区のエリアだった為、土地の値段が思いのほか高いことに気づく…

Nao

土地探しに翻弄された結果、当初の予算を1000万円超える土地を購入しちゃいました..

土地も30坪が平均とされるエリアでちょっと広めの47坪を買いました。

世帯年収700万円で4800万円のローンは無謀?

無謀だと思います。

ただこの世帯年収は私が育児休暇を4月までとっていた為、実際より100万円程低い年収となっています。

銀行での審査は、育児休暇に入る前に1年間休まず働いた年の源泉徴収票を提出してそちらも加味して審査してくれました。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行に仮審査を申し込みましたが、世帯年収700万円でも5500万円ぐらいまで借り入れ可能と返答があったように記憶しています。

Nao

審査に通る金額が借り入れして大丈夫な金額ではありません…年収の5倍程度の借り入れが理想的と言われています

仮に年収の5倍の3500万円を35年で借り入れると毎月約10万円の支払いになります。世帯年収700万円なら毎月の手取り金額は約45万円。

手取り収入の約22%が住居費に。これぐらいの支払いが理想とされています。

我が家の住宅ローン

  • 地方銀行で借り入れ
  • 夫婦でペアローン 旦那さん2400万円 Nao2400万円
  • 変動金利0.6% 2400万円 全期間固定1.2% 2400万円
  • 癌団信つき、金利上乗せなし
金利の上昇を恐れている私が選んだ住宅ローンとは。変動金利?固定金利?

4800万円を35年で借りた場合の支払いは?返済比率は?

※金利は変動0,6+全期間固定1.2で借り入れしている為、間をとった0.9で計算しています。

世帯年収が700万円だった当初、月々の手取り金額は47万円程度。そこから住宅ローン133,000円引かれていたので今思えば正直無謀でした。

手取り額に対しての返済比率はなんと28%でした。

Nao

生活費(食費、雑費、固定費、保険等)で月に30万円程かかっていたので、ローンと合わせて43万円。月々数万円しか貯金できない状態でした..

旦那

今思えば無謀だよね..

世帯年収〇00万円で組める住宅ローンはいくらが適正?

少し触れましたが一般的には世帯年収の5倍程度の借り入れ、手取り月収に対して支払いの割合が25%が適正といわれています。

ただ、金利の底と言われている今、以前同様に年収の5倍以上借りても金利が低いから大丈夫なのでは?と考えました。

手取り月収に対して25%の支払い割合から借りれる適正な住宅ローン価格を算出してみました。

年収400万円~1000万円で組める住宅ローンの適正価格早見表

Nao

年収の5倍が適正なら世帯年収700万円なら3500万円までしか借りれない?

旦那

今は金利が低いので上手く借りれば年収の5倍以上借りれるよ

旦那

金利0.9%で35年間で計算してみた結果は以下をご参考に
年収 手取り年収 月々の手取り 月々の支払い 住宅ローン適正価格
年収400万円 約320万円 約27万円 6.75万円 2430万円
年収500万円 約400万円 約33万円 8.25万円 2970万円
年収600万円 約470万円 約40万円 10万円 3600万円
年収700万円 約540万円 約45万円 11,25万円 4050万円
年収800万円 約600万円 約50万円 12,5万円 4500万円
年収900万円 約675万円 約56万円 14万円 5050万円
年収1000万円 約740万円 約62万円 15,5万円 5580万円

※金利0.9%=我が家が実際に借り入れしている金利。変動0.6%+全期間固定1.2%で借り入れ中の為0.9%で計算しています。

Nao

年収の5倍以上借りても大丈夫そう。世帯年収700万円なら4050万円が適正価格という結果に

共働きペアローンでローンを組む落とし穴

時短勤務があけて働けなくなるママが続出

住宅ローンを組んだ当初は、定年まで働く気力が満々だった私。もともと仕事が好きで、家庭にも仕事を持ち帰ることが苦にならないタイプでした。

まさか自分が働けなくなる日が来るとは夢にも思わず。

現在、シフト制で土日祝日も出勤日であるママ達に伝えたいこと。主に販売職や飲食店勤務の方!

今は早番固定で、日曜祝日のお休みをもらえて何とか時短で仕事させてもらえているけど時短勤務が明けたらどうなるかということを考えてみてください。

会社によっては融通が利くところもあると思います。が、まだまだワーママを抱え込む余力のない会社は容赦ないです。

私はそこそこ大きい会社でしたが、時短勤務終了の翌月から容赦なくフルタイムのシフトで即ギブアップして退職しました。

家庭の事情で予期せず仕事を失うことがあります!!

共働きで住宅ローンを組む場合は、奥様が今後働けなくなる可能性があることを充分視野にいれた上で返済プランをたてたほうが良いです!

目安としては奥様の正社員のときの年収から半分になると想定しておくと無難で良いと思います。

年収400万円→年収200万円

離婚した場合はどうなるのか

離婚したこともないしする予定もないのですが、人生に絶対はないです。

我が家は共働きペアローンで住宅ローンを組んでいる為、一人では借りれない価格の額を借り入れしています。

ローン完済までせっせと働き続ける覚悟です。万が一の事がお互いの身に起こった場合、片方が返済に困らないよう保険も充分に加入しています。

ただ、離婚に対する保険は存在しません。

離婚したら家を売却したお金でローンを完済して残りを財産分与できれば良いのですが、もしローン残高に満たない額でしか売れなければ負債を背負ってしまいます…

Nao

そうならない為に、夫婦円満でいなくては。

旦那

いや、夫婦円満なんですけどね。万が一の話も家を買うときは頭の片隅に置いてローンを組むにこしたことない

住宅ローンがあるからこそ仕事を頑張れた

私が退職して多額の住宅ローンを背負って崖っぷちにたたされた我が家ですが、住宅ローンの返済があったからこそ再就職する為の活動を意欲的に取り組むことが出来ました。

同業他社で時短勤務社員を受け入れてくれるキャパの大きい会社に派遣で働き、目出度く本採用され今に至ります。

住宅ローンが多額になければ、きっとフルタイム正社員であることに限界を感じてパート勤務になっていたことでしょう。

我が家の住宅ローン事情まとめ

家を買う当初はファイナンシャルプランナーに相談して年密な計画をたてて組んだはずの住宅ローンでしたが世帯年収700万円で4800万円のローンは今思えば絶対に無謀でした。

それから2年、住宅ローンの重荷があったからこそ夫婦供に仕事を頑張ることが出来ました。

今ではなんとか世帯年収に対して借り入れ金額が5倍の理想的な水準まで年収を上げることに成功。毎月の貯蓄額も借り入れ当初は5万円程度しか出来ませんでしたが毎月15万円程捻出できるようになりました。

今後は、住宅ローン控除の恩恵を受けれる残り8年間は一切繰り上げ返済はせず

8年後に万が一金利の上昇があれば変動金利のみ繰上げ返済して、全期間固定金利の住宅ローンは保険として繰り上げ返済せずに返し続けるつもりです。

Nao

変動金利もあがることがなければ繰り上げ返済はしません
固定金利上昇の速報を受けて我が家はどうする??我が家の住宅ローン返済プラン

ただ、何かあったときの為に繰り上げ返済できるだけの貯蓄はしておこうと思っています。

Nao

貯蓄と運用しています!

運用、おすすめです。

銀行に預けているだけでは全く増えないので、私は一部のお金を運用にまわすようにしています。

家計にまったくひびかないポイント運用をしていて、そこそこ貯まって利回りも良いのでまた詳しくは記事にしたいと思います。

本日も最後までお付き合い下さりありがとうございました。皆様、住宅ローンを組む際は、慎重に先のことを考えて組むようにしてくださいね!

記事にしたことは我が家の一例に過ぎませんのでどうかご参考までに。

お借り入れはくれぐれも自己責任でお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です