金利の上昇を恐れている私が選んだ住宅ローンとは。変動金利?固定金利?

 

こんにちはNaoです。

前回の記事は変動金利のリスクについて。

www.nao-simplehouse.com

散々怖い怖いと言っておいて

じゃあ、結局Naoが選んだ住宅ローンって何?って思うと思います。

ずばりお応えします!!

変動金利の恩恵も捨てがたいけど金利上昇も怖い…そんな石橋を叩いて渡るタイプの私が選んだのは

変動金利+全期間固定金利

です!!!

いやいや、散々変動金利はリスクが高いと言っておきながら全期間固定金利onlyじゃないのかと是非つっこんでください(笑)。

ちなみに金利はコチラ。

変動金利0.625%

全期間固定35年 1.2%

癌特約金利上乗せなし

変動金利0.625%ですが銀行が発表している金利より下げてもらってます。

最近instagramの投稿で恐らく同じ銀行の変動金利で0,525%に下げてもらいました♪という方を見かけました。我が家もまだまだ下げてくれよと交渉に行こうか迷い中です。

大手メガバンクではなく、地方銀行で借りました。

なかなかの好条件ではないかと思います。

当初仮審査を提出するかしないかのときに工務店の営業さんが、

〇〇銀行(地方銀行)は審査がメガバンクより厳しいですからね~

それだけ好条件で借りれますからね~ 公務員でも条件によっては落とされますから~

通ればラッキーですよ~ 無理でしょうけど~

って本当に↑↑↑のようなことを私に吹き込むので

〇〇銀行(地方銀行)の仮審査に通過したと連絡頂いたときに宝くじに当選したぐらいの気持ちで迷うことなく〇〇銀行(地方銀行)に決めたのでした。

今思えばもっともっと勉強してから決めれば良かった….。と若干後悔しているのですが

営業さんのことを信頼していましたので

良い銀行を紹介してもらえて近道出来たと満足しております(๑’ᴗ’๑)

変動金利と固定金利のミックスプランを選んだ経緯は

日本の景気はオリンピックで多少回復するが、

少子高齢化がこれからさらに深刻化するため、景気が良くなる見込みはない

だから変動金利で借りない選択肢はない。

でも、今が金利の底と言われていてこれ以上下がることはない。

ということは少なくとも上昇する⇒固定金利も最低金利の為こちらも借りない選択肢はない。

すごく単純な考えなのですが

選べないから両方借りる(*´ω`*)

そんなかんじです。

でもちゃんと作戦も立てています!

石橋を叩いて渡るタイプなので(☆∀☆)

  • 10年間は住宅ローン控除の恩恵がある為、金利が2%ぐらいまで上昇しない限りは元がとれる。
  • 10年間で1200万円を貯めておき、10年後に万が一の金利上昇に備えて変動金利分をいつでも繰り上げ返済出来るようにしておく。毎月10万円づつ貯金する(☆∀☆)
  • 低金利のままなら住宅ローンは保険として残しておく。

癌と診断されたら住宅ローンチャラという特約が無料でつく為

万が一のときに備えて住宅ローンは低金利のままなら借り続けるつもりです。

だって、繰上げ返済した翌日に癌になったら絶対嫌ですし、

年をとればとるほど癌のリスクは高まりますし(゜д゜)今や日本人の2人に1人は癌にかかるという…

大切なのは変動金利で借りている以上は

金利上昇局面に備えるだけの蓄えがないといけないと思います!

今蓄えがない場合は、10年後に貯金が溜まっていればOKです。

10年後に目標金額を確実に貯めれるよう計画を立てることが必要です(^o^)

多額の住宅ローンを組んでしまって、支払いがギリギリで

貯蓄にまわす余裕など無い場合は絶対に変動金利はやめておいたほうが良いです。

今日はいつもと違って断言します。

支払いがギリギリで変動金利を組むのは危険なのでおやめください。

皆様の参考になれば嬉しいです。

〇〇銀行(地方銀行)がどこか気になる方はこちらの記事もどうぞ。

www.nao-simplehouse.com

今日もお付き合いくださりありがとうございました☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です