twitterはじめました

《6月住宅ローン》大手メガバンクは金利引き上げ傾向に!おすすめはじぶん銀行

 

6月の住宅ローン金利が各行発表されました。

5月末に予測記事を書いていました!

www.nao-simplehouse.com

結果は

変動金利 据え置き

固定金利 メガバンクは引き上げ

地銀は据え置き

でしたね。

スポンサードリンク

2018年6月住宅ローン金利

当初10年固定金利

2018年5月 2018年6月
みずほ銀行 0.80% 0.80%
三井住友銀行 1.10% 1,15%
三菱UFJ銀行 0,80% 0.85%
りそな銀行 0.70% 0,70%
住信SBI銀行 0.760% 0.81%
楽天銀行 1.097% 1,139%
ソニー銀行 0.969% 0,997%
イオン銀行 0.69% 0.69%
じぶん銀行 0.64% 0.63%
池田泉州銀行 0.80% 0.80%
京都銀行 1.00% 1.00%
紀陽銀行 1,00% 1.00%

全期間固定金利35年

みずほ銀行 1.30% 1,33%
三井住友銀行 1,73% 1,73%
三菱UFJ銀行 1,49% 1,55%
りそな銀行 1.40% 1,40%
住信SBI銀行 1,30% 1.32%
楽天銀行 フラット35のみの取り扱い
ソニー銀行 1.386% 1,453%
イオン銀行 フラット35のみの取り扱い
じぶん銀行 2.25% 2.180%
池田泉州銀行 1.28% 1.28%
京都銀行 1,20% 1,20%
紀陽銀行 1,10% 1.10%

メガバンク引き上げ

大手メガバンクは10年固定、全期間固定金利ともに引き上げの傾向にあります。

三井住友と三菱UFJは10年固定をいずれも0.05%引き上げ。

35年固定金利は、みずほ銀行0,03%引き上げ、三菱UFJ銀行は0,06%引き上げています。

りそな銀行は10年固定、35年固定については据え置きという結果でした。

ネット銀行はわかれました

ネット銀行の結果はわかれることに。

6月の金利を5月半ばに発表していたソニー銀行と楽天銀行は供に引き上げました。

楽天銀行は10年固定を0,042%引き上げ、

ソニー銀行は10年固定を0,028%引き上げ、35年固定を0,067%引き上げる結果となりました。

全体的に引き上げ傾向のなか、じぶん銀行のみ10年固定、35年固定ともに引き下げています。

じぶん銀行

じぶん銀行は三菱UFJ銀行とKDDIが共同で立ち上げたインターネットバンキングです。

住宅ローンにも力をいれており、

特に癌と診断されたら住宅ローン残高が半額になる癌団信と

通常団信が金利上乗せなしでつけれることが大変魅力です。

また、au携帯のユーザーでしたら

毎月500円分を最大5年間キャッシュバックの特典があり、お得です。

最大で3万円のキャッシュバックになりますね。

じぶん銀行のデメリット

保証料は無料ですが、事務手数料が借入れ金額の2,16%になる為

借り入れ額が高額になればなるほど諸費用がかさみます。

例えば4000万円の借り入れですと864,000円の高額な事務手数料が必要となります。

楽天銀行やソニー銀行は事務手数料が安い為

比較検討することをおすすめします。

こちらの記事もご参考に。

www.nao-simplehouse.com

また、癌と診断されたら住宅ローン残高が半分になる特約が

金利上乗せなしでつけれることが魅力ですが、

住宅ローン残高が0になる特約を無料でつけれる銀行もあります。

下記の記事で紹介しています。

www.nao-simplehouse.com

www.nao-simplehouse.com

こんな人におすすめじぶん銀行

変動金利が0,457%と低金利です。

また、10年固定もイオン銀行を抜いて0,63%とかなり低いです。

変動・または10年固定で返済をお考えの方。

癌団信を金利上乗せしてまではつけたくない方。

今月の住宅ローン金利がメガバンクが引き上げ傾向になる中、

引き下げたことでかなり注目のじぶん銀行。

金利も安いしおすすめです。

是非、住宅ローン選びの選択肢にいれてみてくださいね。

個人的な意見ですので参考になれば・・・

借り入れは自己責任でお願い致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です