twitterはじめました

失敗しない土地の探し方①おすすめの不動産情報サイトランキング!!

こんにちは!Naoです。

土地探しに難航している皆様へ。Naoの土地探しのノウハウを体験談をまじえて伝授したいと思います!!

我が家の土地探しを時系列に説明した記事はコチラ

私は敏腕不動産会社の営業マンにも驚かれるぐらい土地探しに没頭していました。3度の失敗を経てようやく購入できた土地…人気エリアの為、探し始めてから1年半程の時間を費やしました。

土地探しでお困りの方のお役にたてれば嬉しいです。あくまで私の体験談による個人的な意見ですので参考程度にしてくださいね!

今回は第一回。長編になるのでどうかお付き合い願います!

Nao

コレを読んで実践したら必ず土地がみつかります!

スポンサードリンク

複数の不動産情報サイトを見よう

手軽に土地情報を取得するには不動産情報サイトが手っ取り早いので皆さん活用されていると思います!

不動産情報サイトたくさんありすぎてどれを参考にしたら良いかわからない…そんな方に私が自信を持っておススメするサイトをご紹介します。

1位 リクルート住まいカンパニーのSUUMO

大手企業リクルートの子会社リクルート住まいカンパニーが手掛けている賃貸・売買・投資・リフォームなど不動産に関わる全ての総合情報サイト。

私がもっとも信頼して利用していたのはSUUMOでした!

SUUMO公式サイト

SUUMOのここがすごい!
  • 物件数の多さは業界第3位!
  • 新着物件の掲載がはやい
  • 地図をなぞってエリアを指定出来るので検索しやすい!

2位 ライフルホームズ

ライフルホームズ公式HP

東証一部上場企業の株式会社ライフルが運営している情報サイト。

日本最大級の物件数を誇ります。ホームズでは不動産情報に関する様々なサービスを提供!なかには不動産アーカイブというサービスがあり、過去の不動産売買価格のデータを閲覧することが出来ます。

過去のデータなので今から土地を購入したい人には必要ないと思われがちですが、土地の適正価格を知ることができるので非常に参考になります。

ホームズのココがすごい!
  • 物件総数業界第1位!!
  • 過去の不動産売買価格のデータがみれる

 

3位 アットホーム

アットホームは不動産情報サービス業のパイオニア的存在。全国の物件掲載数は10万件を超えています(2019年2月現在)!

毎日チェックするのに欠かせないサイトです。SUUMOより物件総数が多い為、SUUMOに掲載されていない物件に巡り会う可能性も。

アットホームのココがすごい!
  • 物件数が豊富!!
  • 新着情報の掲載が早い

4位 地場の不動産会社のホームページ

エリアが限定されますが欲しいエリアに特化した不動産会社のホームページを逐一チェックすると思わぬ掘り出し物件が見つかります。

アクセスホールディングス株式会社

仲介手数料を安くできないかと探していたときに見つけた不動産会社。SUUMOやアットホームで見つけることが出来なかった物件が掲載されていたのでチェックするようになりました。

仲介手数料が半額or無料なので諸費用を抑えることができます。

地場の不動産会社HPのココがすごい!
  • 大手不動産会社と違って、仲介手数料を安く出来る可能性がある
  • 掘り出しモノ物件を発見出来るかも

SUUMOが一番おすすめな理由

情報が早くて物件数が豊富

私が一番信頼していたサイトSUUMO

新着物件の掲載が何処よりもいちはやく手に入れることができます!

例えば、この画像の新着物件が出たときは狙い目です!!新着すぎてまだ写真すら掲載されていない状況、または建築条件なし物件の可能性が高いです。

この画像の新着物件がでたら要チェックです。

実は、こウ言った新着物件はレインズに掲載されたのとほぼ同じタイミングでSUUMOに掲載されているようです。不動産会社の営業さんですらまだ知らない情報の可能性が高いです

上記のような新着物件にはSUUMOにはまだ詳細な場所が掲載されていないはず。

直接不動産会社に電話をして詳細な場所を問い合わせするか、googleで大体の場所を特定して現地に足を運びます。

Nao

場所の特定の仕方は、掲載されている接面の長さや方角、接

道の幅、土地の面積を頼りにgoogleアースで探します!探し方についてはまた詳しく説明しますね!

この方法でライバルよりも先に物件に辿り着くことができます!

知りたい情報がサクサク検索できる

欲しい物件のエリアからサクサク検索できます。

地図から探すは特に優秀で欲しいエリアにカーソルを合わせるだけで物件が検索できます。

例えばこんな感じ。一目瞭然なので見やすくて検索しやす!希望エリアの周辺まで分かるので意外なエリアに優良物件を発見出来たりもしますよ。

まとめて資料請求ができる

SUUMOには注文住宅を建ててくれる会社が多数掲載されています。

気になる会社の資料を一気に請求できるのでとても便利。

Nao

我が家も何気なしに無添加住宅の資料を請求しました。今思えばそれがはじまりでした

SUUMOカウンター

SUUMOでは専属アドバイザーによるサポートが無料で受けれるSUUMOカウンターという実店舗が存在します。

私も家を購入するにあたりまず何から始めて良いかわからずSUUMOカウンターのお世話になりました。

SUUMOカウンターでお家購入までの流れを説明してもらい、資金の相談。そして希望に見合った家(デザイン・予算など)からおすすめの建築会社を紹介してくれます。

Nao

4社ほどご紹介頂き、興味を持った1社と商談になりました。

SUUMOカウンターは利用するのは完全無料。専属のアドバイザーからはメールで1度連絡があったぐらいでしつこく営業されることはなかったです。

何から手をつけて良いかわからない方はまずSUUMOカウンターを利用してみても良いかもしれないですね!

スポンサードリンク

不動産情報サイトを利用するメリットまとめ

複数の不動産情報サイトをチェックして新着を見落すな!!

土地の探し方、まず第一歩は複数の不動産情報サイトをチェックすることから。

SUUMOに掲載されていてホームズには掲載されていない等、またはその逆もあります!

新着物件が複数サイトで同時に掲載されることなんてまずないので複数チェックして誰よりも早く新着物件の情報を入手しましょう。

不動産情報サイトで適正価格を知る

不動産情報サイトで物件を検索することで、土地の適正価格を知ることが出来ます。

欲しいエリアの坪単価を知るには売りに出ている物件を複数みることが一番。適正価格を知れば、高値がついている土地の値交渉に役立つ場合もあります。

欲しい土地のエリア全ての物件を確認

不動産情報サイトでよく、値段の上限や土地の面積で絞込みをかける検索方法がありますがその探し方はNGです。

欲しいエリアなら面積が広すぎて、予算オーバーの物件も必ず確認しておきましょう。何故なら、広すぎる土地は個人ではなく業者が買い取って分筆して再度売り出されることがあります。分筆されて売り出されると希望条件に見合う場合も。

Nao

ちなみに我が家も分筆された後に購入したのでこのパターンです

業者が広い土地を購入して分筆後に売り出す場合は、建築条件付きになることが多々あります。

建築条件外しの方法はまた次回詳しく記事にしますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です